「出てくるものだけ」

ライブ活動(歌っている)斉藤めいのブログ https://saitome.localinfo.jp/

身体と精神

実家で18年飼っていた猫が死んでしまってから、ずっと考えている。頭で考えているというか、感じている、思っていることがある。 生きてるってことは身体があるってことなんだ。当たり前なんだけど。 そして哀しみも苦しみも怒りも、生きてるからあるのだと…

画面のなかの人

隠しきれない弱さの中に 圧倒的な強さ大衆がそれをみつめ 囃し立てようともとりつくろうこともなくただ命をまるごと使って表現をするということ 権力も何もない(あるのかも知れないけど、少なくとも私が彼女のその姿を見るときにはまったく関係のないところ…

産声

水の流れる音が聴こえる。 私は 私は、と文章を打とうとすると、立ち止まってしまう、私、を語る事になんの意味があるのかって思う。でも私は、って今日は言ってみる。 私はいつも何かあると、すぐに泣きたくなる、し、苦しくなってしまう。 たとえば真昼間…

空の箱

私は何も持ってないなあ、何も。 誰もが何かを持っているように見えてしまう。 私は何も持ってないなあ、と思う。 でもそれならゼロになろう、空っぽの箱になろう、 みんな私の箱の中にどんどんいろいろ入れていいんだぜ、 という希望のことを、無力な自分を…

追い風 向かい風

少しご無沙汰してしまいました。 引っ越しによりしばらくインターネットが使えず、スマホの小さい画面では(私の携帯はところどころ押せない個所があったりするもので)とても更新できず、って、そんなこちらの物理的な事情はともかくですね。お久しぶりです。…

自分のこと

「人それぞれ、違うんだから」 当たり前のことだけど、結局のところいつもそこで躓いている。 人それぞれ違うから、だから考え方も、言葉の出し方も、全部違うだけなんだけど。 期待をしてしまう、わかってくれよと思ってしまう、 あなたにわかってほしいと…

溢れ出してくるのを待っている

溢れ出してくるのを待っている。 私は今、ライブをする以外には普通の生活をしていて、普通に過ごしていて、 曲ができないと、自分が停滞しているように感じたり、 前の仕事をクビになったときに大口叩いたわりには、結局は仕事をしないと暮らしていけないこ…

また会おう

自分を傷つけ痛みつけることからは卒業したい。 何かとてつもなく切ない気持ちになることがある。 誰かに必要とされている人をみたとき、自立をした誰かを見たとき、自分は持たないすべてのものを見たときに、頭では、祝福し、尊重し、誇らしくも思う。それ…

どうぞ今年も

書くことも歌うことも なんだかなくなってしまったような気がしていて、でも本当は「なくなってなんかいるはずないだろう、ただ単に、頭、というか体が硬くなってるんだろうお前」と思って、 それでも自分を守るためなんだかなんだか、体はずっと硬いまま、…

「対自分のこと以外のすべては完璧だった日」というのは、どうしたらいいんでしょう。 自分の出来、のようなものについては悔しい思いばかりなんだけど、 出会った人や居た空間や、食べた料理に至るまで残りのすべては幸せだった場合の、自分の心の処理の仕…

(夜のせいなので)

面白い人っていいなあ。 なんだかおもしろい人を見ていると、私はマジメすぎるんじゃないかとか思う。 私だってあんな風に、時流と個性をちょうどいい感じにミックスさせて、 使える道具をすべて使って それでいて簡潔な、 すごいセンスのいい一言をつぶやい…

いつも遅い私は駆け引きなど知らない

私はいつも遅い。 誰かに何かを言われたら 二晩くらい その言葉を反芻し、飲み込んで解釈し、 やっと理解できるのだ。 だからすぐに言い返さなくてはいけないディベートとか討論とかそういうのに、 とっても向かないだろう。 気が付くのも遅い。 みんなが当…

ほんの少し願うなら

祖母が言った。 「歌っていうのは、優しいものなんだから。 (人を傷つけ、追い詰めるのなら)歌う資格はないのよ」 核心をついたような言葉に私は驚いてしまった。 それは、いつも「いつまで歌ってるの?結婚は?」とか言ってくる祖母に、どうせ私の音楽な…

私に足りないのは勇気ですか

「考えすぎだね でもめいちゃんはこれからも考えるんだろうね だからそのままでいいと思うよ」 考えに考えて、やっと「1~10」のどれが正しいか思い至って、 でも1~10のどれでもない場所に「考えない」という方法があったのだと、私はあの人に言われ…

崖のした

会社の契約を切られると知った時から妙にすがすがしい気持ち。 それは秋の爽やかな気候のせいかもわからないけれど、とにかく風が吹いてきたような感覚なのだ。たぶん強がりではない。 それは、なんだかんだ言ってビビリで安全な道だけを通ろうとする自分が…

野暮

あなたは上に行けば行くほど、野暮なことは言わなくなるのでしょうか。 私は未だに野暮なことを言い続けています。 だからあなたに近づけないのでしょうか。 いえ、それはきっと 時代なんです。 野暮なことでも、言い続けないといけない時代なんだと思います…

岡林信康さん

9月11日、電車に2時間強揺られ、埼玉は秩父の皆野町まで、 『フォークの神様』岡林信康さんのライブを見に行きました。 偉大な先人に対して私なんぞが語れる知識などというものはないので、そのあたりは公式のBIOGRAPHYや、40台後半~50、60台位と思われるリ…

あえて短く 簡潔に

どんなに順調でも先行きが怖くなる。それか、自分が止まっているのではないかと恐ろしくなる。それでも、嘘をつくよりだいぶマシ。 器用な人などいない。どんなにしっかりとして見えるあの人だって、しっかりとしているがゆえに見落としているものがたくさん…

正直に申し上げますと

誰かの発言に傷つくとき、相手に悪意がないとき、自分が過剰にその人に期待をしているのだと思った。「こう言って欲しかった」なんて、そりゃ人が私の思う通りにいくわけないよな。上手く言葉にできないだけかも知れないし、私も大概、失言魔だし。発言より…

そう、あなたのことよ

東北遠征、最高でした。 素晴らしい、と、ありがとう、の他に、一体どんな言葉を使えばいいんだよと思っていたら、主催の千葉ケイコちゃんも「言葉にしたら嘘っぽくなってしまうけど」というようなことを言っていて、同じ気持ちだなと思った。千葉ちゃんは本…

たからもの

"何かを言おうとすると「じゃあお前はどうなの?」と自分に問いかけてしまって何も言えなくなる"という病にかかっているのですが、今日はリハビリのつもりで思ったことをそのまま書きます。書くのだ。とにかく。 苦しい。※私の苦しさなんてものは、次良いこ…

誰も居ない

傷ついた、となんだか思った。とたんに何もかもがつまらなく思えた。 居心地の悪い空間。それでもそこは誰かにとっては素晴らしいものならば、私が関わらずにそっと立ち去ればいいだけの話。いやいや、この中でも、どんな中でも堂々と振る舞えるような強さが…

過去、5月の出来事

相変わらずカッコつかないな。 今度こそ人生大逆転、超かっこいい自分になれると思っても、そんな期待はだいたい実現せずに終わる。 「地道に一歩ずつ行きなさい」ということなんだろうなあ、と思う。人の力を飛び道具にせず、一つ一つ、自分の手で掴み取り…

めんどうくさい人

夢が叶ったら、次の瞬間に死んでもいいか?と聞かれたら、良いよ、と言いつつもやっぱり生きるんだろうな、と思う。 だからいつでも、満足なんてしてんじゃねえ、って言うあなたの顔が浮かぶ。 休日に祖母とお金の話をした。祖父母が亡くなったあとの、遺産…

分かったフリ

1ヵ月前の自分が考えていたことが、ずいぶん幼くみえる。 別に「どんどん成長しています!」っていうわけでもないんだろうけど、グルグルと変化しているんだろう。 たまに『暗い』『根暗』だと言われることがあるけど(歌詞や歌の表現がダークに感じるのか…

妙齢、春の暁にご喚弾

あれっ 「言いたいことがいっぱいある、さあ書くぞ」と思って文字を打とうとした瞬間に、頭の中から全部消えた。 進むべき道はハッキリしているのに、自信がなくて、まだ「合ってるの?」って誰かに確認したい状態のまま、かろうじて歩いてきた。 嫌な奴に出…

上手にやれてる?

私、すべてのことはバランスだと思ってるんです。 感情も、食べ物も、人間関係も政治も話し方もオシャレも生活も、何もかも。 久しぶりに。 仕事中に、ふと上司に「ここ間違ってるよ」と言われた。上司は良い人で、ただ指摘した、という様子。すぐ直せば特に…

時も土地も 地続きでつづいている

自分が思うことを言ったら、否定されるかも知れない。 それでも、今言わなければ、声を上げなければいけない。 たとえ否定されようとも、今、自分の命(までは大げさかも知れないけれど)を使わなければ、どうするんだ という気持ちで声を上げる人をとても尊…

本日だけは

そこそこ充実した日々を送ってるように思っていたら、「忘れてるぞ、お前」と何か大事なことを思い出す。 忘れているわけじゃないんだ、「待って、今は自分のことで手一杯だから、そのことはちょっと待ってて」と思う、それは間違いじゃない。でも、自分はこ…

濁り

書いては消しーので、10件くらい下書きフォルダに入ったままの書きかけ文章があるけれど、今日のこそは公開する、と宣言。 「どんなことでも否定から入らず、嫌いになるなら肯定してから嫌いになる」、 そうしないと本当にそれがどんなものなのかわからない…

豆をまけ

本当にみんな素晴らしいなあ、と思うのは、私が素晴らしいと思うものしか出会っていないだろうか。 何か見落としているものがあるのじゃないかと疑ってしまう。 だけどね、素晴らしい!と思ったからと言って、何かが出来るわけじゃない。「あなた素晴らしい…

投げ飛ばす

何度も文章を書いては、公開できないでいました。 「なんだか思ってることと、違うように伝わってしまう」と思ったからでした。 どこかで聞いたような、とってつけたような、言葉ではなく、自分が感じたことから出てくる本心みたいなものだけ、書きたかった…

渋谷ソラハウス行き方

2015/12/13 クワタ、斉藤2マン~特別ゲスト笹口騒音ハーモニカ~へようこそ! 会場は東京の『渋谷ソラハウス』というところですが、ライブハウスではありません。 おそらく初めて来る方が多いのと、 駅から10~15分歩くのと、 スマホの地図だと迷う可能性が…

止めにして、真ん中

もうバカバカしいから止めにしよう。 何かの流れを嗅ぎ取って、影響を受けまくって、それを自分の中で消化し 昇華をし、 よし、自分が行動するぞ、というときには、 もうそのことを忘れるのだ。たくさん吸収したら、その次は自分の真ん中だけに意識を集中す…

ほらちょっと偉そうなことを言えば あとでゴメンナサイって言いたくなるようなことばっかりだよ もう二度と偉そうなことなんか口にするかと思う。 たくましくていいですね、と嫉妬して周りたくなる。いいですね、いいですね、あなたはいいですね。 そのとき…

業務連絡

お知らせ。ホームページを作成しました。 https://saitome.localinfo.jp/ スペシャルサンクス、ナオタン、けんと。 それに伴い、過去のブログ記事であまりにも文章が読みづらい、分かりにくかったものは加筆修正しました。主張自体は変わっていません。 正直…

猫がいる

飼っていた猫が外に出てしまって戻らない日があった。 18年間で初めてのことだったので、祖父母なんかはもう「あの子はもう戻ってこない」「猫らしい猫だったねえ」とか言って悲しみのあまり既に猫トイレなんかを処分し始めてしまっているから、 まだ帰って…

地面

良いことばかり起こりすぎても「調子に乗るなよ」って自分で自分に言い聞かせてるので、 いつもは面倒くさいばかりの強すぎる自制心、自意識過剰も、こんなときには役に立つもの。 地に足をつけたい。別に真面目になろうとか常識的になろうとかそんなもんじ…

夏を守る人   (長い文章です)

怒涛の夏が過ぎた。いや、まだ終わってないと思いたいんだけど。 なんだかとてもたくさんの、自分でも驚くくらいの人達に出会って、それは途方もなく暖かい人であったり、私や世界が作っていた 境界 とか 限界 とかとにかく『なんとか界』なんていうものはま…

深い緑の景色のなか

父方の祖母が息を引き取ってから20日が経った。 一緒に住んでいた訳ではなく、父母ほどには近い身内じゃないとはいえ、隣町に住み、2ヶ月に一度は会いに行っていた間柄なので、感傷に浸るくらいは良いでしょ、と自分を許すので祖母のことを書く。 十九で本…

何が悪いのかわかんないなあ

いったい何が悪いのか。 「大人になってから泣くことは、危ういことだから、止められないのはわかるけど、なるべくそのことは分かってたほうがいいよ」 重々、わかっているよ。 ”社会”という場で泣くことは、弱見を見せることで、そのつもりはなくても相手を…

私が思うよりも

私が思っているよりもあの人は強いのだ。助けてあげなくちゃ、側にいてあげなくちゃ、こうしてあげなくちゃ、・・・・・・エンドレス、なんて、思うまでもなく。 みんな強いのだ。私はその強さを見くびってはいけない。そりゃあどうしょもなく本当に弱ってし…

呟きマシンでなんとなく呟けないことはここで呟く

・中心で目立って輝いている人より、それを近くで見ながら無邪気に笑っているような人が好きだ。昔からそうだ。 ・タレ目のいかにも優しそうな顔をして、落ち着いた声で理知的に話す、詐欺師に出会ったことがある。信じるに値する良い人だ、と数年気付かず思…

何者?

ソワソワっとしながら真夜中。 誰かのことが心底羨ましく、だけど妬んでみたって何も変わらないのだから余計無力感に襲われる。何者かになりたいだなんて、思い始めてしまうからいけない。私だけが人と違っていて、私だけが褒められたいだなんて思っているん…

みんながみんな風のように飛んできて去っていく

やっとあなた達と同じステージに立てるようになり始めた、と思うような6月の日々。 だからこそ思うことは、『自分の表現』だとか、『伝えたい思い』なんていうことなんかは心の底ではどうでも良くて、 あなたが生きてさえいればいい、と、根本的なところを…

悪意は置き去りにして進め

かけっぱなしにしながら寝てしまった音楽と、夕方という時間帯のせいとはわかっているのですが切ないときは文章でも書いて頭を整頓するんです。前回もそんな感じでした、夜に向け暗くなるということに、太古の昔から不安を感じるもののようですね、人間のメ…

夕暮れ時

私の前から誰かが居なくなり、誰かが現れて、また居なくなる。 長く居るほどその瞬間切ない。当たり前だったものほど。 また出会えるよ、自分も誰かにとってそういう存在だよ、そうなるよ。 思ってみても、切なさは私の中に居続ける。切なさだけが居続ける。…

人間が好きだと思う

昔好きだった漫画に「女優っていうのは人間が好きな人間がやるもの」という言葉があった。音楽もそうであって欲しいと思っている。 私は人間が好きな方だと思う。 でも、少し昔に「みんな、大好き!」とか言い回っていた自分は、本当に愚かだったなあと思う。…

臆病者と強さ

正直に言うと私はすごく臆病者だ。 「臆病者が、人前で歌えないでしょ」と言われるけど、ライブの前後は本当に死んでしまいたいような気持ちに見舞われてるし、何か自分の殻を破らなくてはいけないような、例えば『SNSでライブ告知をみんなにしよう!』とか…

はじまり~

人に背中を押され、ブログを始めました。 約一年前からギターを手に取り、やりたかった歌を歌い始めた斉藤めいと申します、 よろしくお願いします。 月に2~4回くらいライブをやりながら、週4日普通に働いてもいます。 遅いスタートを嘆くことは毎日でも、…