読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「出てくるものだけ」

ライブ活動(歌っている)斉藤めいのブログ https://saitome.localinfo.jp/

空の箱

私は何も持ってないなあ、何も。

誰もが何かを持っているように見えてしまう。

私は何も持ってないなあ、と思う。

でもそれならゼロになろう、空っぽの箱になろう、

みんな私の箱の中にどんどんいろいろ入れていいんだぜ、

という希望のことを、無力な自分を責めて責めた先に、ふと思った。

追い風 向かい風

少しご無沙汰してしまいました。

引っ越しによりしばらくインターネットが使えず、スマホの小さい画面では(私の携帯はところどころ押せない個所があったりするもので)とても更新できず、って、そんなこちらの物理的な事情はともかくですね。お久しぶりです。

 

風通しのいい場所でこの文章を書いています。

心の風通しも少し良くなってきたところです。

 

放っておくと、自分はすぐ、理想の自分と今の自分との差に愕然として、一歩一歩でも少しずつ前に進んでいるんだよ、いくんだよ、ということを、すぐに忘れて 自分を責め始めてしまうタチのようで、いろんな人に指摘されてだんだん気づいてきました。どうやらだいぶせっかちで欲張りのようなんです。

全部のことは自分に責任があって、自分でどうにかしてやっていかなきゃいけないんだ、という思いも強いようで、だから助けてくれる人がいても「いや、自分でやらねば」と遠慮してしまったり、人に迷惑をかけるくらいなら自分でなんとかするんだ、とも思っているようです。

そのわりには出来ないことが多く、出来ないことを出来ないことで自分を責めてみては、頭がショックでフリーズして固まってしまい、それもはた目から見たら「何もしてないじゃん」と思われてるのかも知れないなとか、また自分責め、自分責めが好きなのか?という感じになる位には自分を責めてみては、「やっぱり自分はダメなんだ」とどこか安心しています。

 

ここまで書いたこんなことは、ほんとは誰に話すようなことでもない、ただの自己分析です。

 

そんな自分がそんな自分をどうにかするために、今、誰かに言ってしまいたいことは、「もっと頼りにしちゃってもいいですか?」ということなんです。大変おこがましいかも知れないですけど。

私多分、思ってるよりも遠慮してて(たまにすごい図々しいけど)、思ってるよりももっと誰かに頼りたい、と思ってるんだと思います。

頼りたいってそれは、何から何まであなたが私をサポートしてください、なんてことでは決してなくって、「これだけお願いしたいんだけど、どうですか?」と聞くだけ聞かせてほしい、ということなんです。返事がノーだってそれはそれでいいんです。ノーであること、イコール、”聞くこと自体が迷惑だった”とは考えたりせずに、とりあえずあなたに聞いてみてもいいもんですか、聞いてみる勇気さえ今まではなかったもので。ということです。

 

いつも常日頃、自分が自分で歌う歌に関しては「みんなどうせ分からないだろうから」、という不信感よりも「もしかしたら、いやきっと伝わるかも知れない」という信頼だけで全自分を解放しにかかろう、と思っているけれど、

相手の領域に少しでも踏み入れるようなことに関しては、とても臆病になってしまっていました。なので誰か目の前にいる人の優しさを、もうそろそろ、ちゃんと信頼したい。

 

そういうことなんです。何が言いたいかって、

6月17日、高円寺喜楽でのワンマンライブみんな来てくださいっていうことなんです。

結局宣伝かよって、そうなんです宣伝なんです。それが上手くできなかったので、これからはちゃんとあなたに「来てください!(良かったら)」って言いたいんですよ。

 

ずっと一緒にライブがやりたくて、でも忙しいだろうから…って遠慮したけどようやく一緒にできることになった人と、一緒にバンドとしてもやります。

 

変化することは、たとえ良い方に変化することでも恐ろしい。

そうやって出来てるみたいなんです、人間。

それでも、それでも恐怖ごと受け入れて、ごめん、私はずっと落ち込んでなきゃいけないわけじゃなくて、楽しくやれる方に向かっていきます、楽しくやりたいので。と思ってやっていきます。 またすぐに会いましょうね

 

f:id:monbiri:20170416151811p:plain

f:id:monbiri:20170416151818j:plain

自分のこと

「人それぞれ、違うんだから」

当たり前のことだけど、結局のところいつもそこで躓いている。

人それぞれ違うから、だから考え方も、言葉の出し方も、全部違うだけなんだけど。

 

期待をしてしまう、わかってくれよと思ってしまう、

あなたにわかってほしいと思ってしまうんだよ。

 

 

こんなことを書くと「何かあったか?」と思われてしまいそうですが悪いことは何も起こっていなくて、ただひたすら「有難うございます」と言って回りたいことばかりです。どうしたら自分を研ぎ澄ませていけるのかと思ってばかりで、とても誰かの期待に沿えることばかりじゃない。それでも関わってくれることに、有難うございます以外に何を言えるかというんだ。

 

 

あの子が、正面から悪意に晒されてぶつけられたことを、愚痴りながらも、本人の目は傷ついてはいても その悪意に微塵も染まっていない様子を見ながら、「あなたなら大丈夫、絶対に大丈夫」、と心の底から思った。

人のことなら信じられる、自分のことも信じたい今からは。

 

 

溢れ出してくるのを待っている

溢れ出してくるのを待っている。

 

私は今、ライブをする以外には普通の生活をしていて、普通に過ごしていて、

曲ができないと、自分が停滞しているように感じたり、

前の仕事をクビになったときに大口叩いたわりには、結局は仕事をしないと暮らしていけないことに気が付いて、今ふつうに世間から”なるべく浮かないように”仕事をしていたりする。

などなど、特別でありたいのであろう自分と、実際の凡人の自分を比べては「私このままじゃダメなのかな」、「もっと何か行動をしないといけないのかな」と思い、焦り、どうしたら今を抜け出せるのかと途方にくれる。

 

でも私は本当に心から求めることを我慢していた(というか、自分は実現する方法を持たないと思っていた)ときは、「このまま死ぬのだけは絶対に嫌だ」と思っていた。

今は、そうは思わない、どんな瞬間でも訪れるなら訪れろと思う。

一番最初に私は自分を壊そうとした。だから「壊せ、壊せ」と歌ってた。

今はそんなに壊さなくていいんじゃないかと思う。自分を守ったっていいんじゃないかと思う。

 

今だって、くだらないものならばいつでもぶっ壊してしまえばいい、という狂気も持ち合わせていても、大事に積み重ねたものならば壊さなくてもいいんじゃないかと思う。

そしてもし壊すのならば自分のものだ。人を、人との関係を、人の大事なものをきっと壊してはだめだ。

 

毎日毎日生まれ変われ。

明日も大して今日と変わらない日々がたとえ続いても、私たちの心の中の精神だけは更新していくことができる、”脳は100歳まで成長する”。

同じようなところでぐるぐる回ってるように思えたって、それがトルネードだったらだんだん上がっているんでしょう。そう思わせてくれ、本当に良いことは、宝くじのようには訪れない。

それは毎日出会う味気ないように見える景色の中に、誰かの心の中に、自分の中に、何かひとつでも美しいものが見えさえすればいい、

美しいものが見えるかどうかは自分の中にある感性、感性だけが頼りです。

 

それを研ぎ澄ませたあとは、勝手に溢れ出てくるのを待つ、涙のひとかけらのような些細なものでも、研ぎ澄まされたときの自分にとっては宝物のようなものだから。

”思うままに”というのは、そういうことじゃないかと思う。

また会おう

自分を傷つけ痛みつけることからは卒業したい。

何かとてつもなく切ない気持ちになることがある。

 

誰かに必要とされている人をみたとき、自立をした誰かを見たとき、自分は持たないすべてのものを見たときに、頭では、祝福し、尊重し、誇らしくも思う。それはともかくとして自分は自分なので、自分の進むべき道を進み、軌道修正が必要ならば感情的になりすぎずに修正し、ただ歩いたり走ったり休んだりすればいい。ただそれを淡々をしていけばいいだけのことだとわかっている。頭では分かっている。

なのになぜ、心は切ないのか。

そんなときに、『本当は祝福すべきなのに、切ない気持ちになんかなってる私は弱いんだ』とか『未熟なんだ』とか『面倒くさい人間なんだ』とか、いろいろ思っては、「自分はこんなにもダメなんだから傷ついてしまえばいい」と、自分を痛めつけて解決しようとしてしまう。どこにも向けずに自分に向けることが一番簡単だから。

誰かを羨んだり、妬んだりするくらいなら、自分を傷つけた方がマシで、それは別に自己犠牲なんて尊い精神ではなくて、それに慣れてしまったから。それが一番身近な方法だから。

 

だけどもうそろそろそれも止めにしたい。

私は確かにすぐに哀しくなるけれど、だからどうしたと。誰も惑わせない涙なら、流してなんの罪になる。溢れ出した感情に良いも悪いもない。あるとしたら、それをどういう形で、自分と、自分以外の誰かに表現するのかということだけだ。私が止められなく思ってしまう感情に、良いも悪いも存在しない。

 

私は自分が「誰もが、大丈夫よ」と歌っている歌が、今の自分では説得力を持たないのかも知れない、もしかしたら今の自分が誰かを励ますなんて、足らないのかも知れないと思う。へたくそだし。特にギターが。

でもそれでも歌うと決めた。不完全でも、言葉通りに今自分が全然なれていないのだとしても、それは私が私自身に言い聞かせ、まだ行きついていないとしても、その自分で自分を励ます言葉を信じているからなのだと思う。

 

いいかげん、楽にもなりたい。だけど何も感じずに楽になるくらいなら、辛くてもいいから感じていたいのかも知れない、とも思う。なぜでしょうね。

その先にきっと、まったく違う道からやってきて、似たように感じてきたあなたと、ほんの一瞬でも出会えることがあるからでしょうね。また会いましょうね。

 

 

 

追記:あ。せっかくだから新MVみてくださいね

www.youtube.com

どうぞ今年も

書くことも歌うことも なんだかなくなってしまったような気がしていて、でも本当は「なくなってなんかいるはずないだろう、ただ単に、頭、というか体が硬くなってるんだろうお前」と思って、

それでも自分を守るためなんだかなんだか、体はずっと硬いまま、どうしても起き上がらないといけないとき以外はベッドの上で過ごしていた。

 

そんなときは、誰かと話すこと。お風呂で身体をあたためること。そしてダメ元でいいよ、瞑想ができる動画とか流しといて、自分と向き合ってみる、というか自分の部屋の中でだけでも無防備に自由になること。そんな基本的なことなのかもしれない。ダメなときは、ダメだけど。

 

狂気さえもどっかいっちゃったの?と思っても、「誰にどう思われるかとか、恐れずにいけ」と許した時には『まだまだあるじゃん』な狂気が出てくる。

脳みそは100歳まで成長するとあの人が言っていた。

きっと私たちは、自分の頭と五感と直感と身体を使い続ける限りは、腐らずにいられるのでしょうね

 

自分に自信がないのは、過去のせいか、とは言っても誰もに話して同情してもらえるようなドラマチックな苦労をした辛い過去なんてものなどない。

ただ私は私の感受性を上手く扱えなかっただけだ、一番身近な存在である家族も、そんなことは分からないし、あの人はあの人自身のことで手一杯だっただろう。

 

まったくもってなんの問題もない。泣きながらでも、すべてはこれからです。

今年もよろしくね

「対自分のこと以外のすべては完璧だった日」というのは、どうしたらいいんでしょう。

 

自分の出来、のようなものについては悔しい思いばかりなんだけど、

出会った人や居た空間や、食べた料理に至るまで残りのすべては幸せだった場合の、自分の心の処理の仕方がわからない。

 

反省してしょんぼりしすぎるのも、浮かれすぎるのもちょっと違う。

どうせ悔しい思いの方は消えないんだから、そっとしといて、出会ったものにだけ思いを向けてとりあえず寝ようか。ときどき、寝てしまうことが唯一の解決になりうる。

 

私なんかまだまだまだまだまだすぎて、なのにそれを振り払うこともできないなんて、

どうかしてる、足りないものはわかっているのに、なぜか取りに行くことができないよ。

とか、いくらでもグチグチ言うことはできるけど、今日はそのことを、似た思いをしている人に話すことができたから、ちょっとスッキリもしている。

 

楽しかった。

私つまんないやつになっていないかしら。