「出てくるものだけ」

ライブ活動(歌っている)斉藤めいのブログ https://saitome.localinfo.jp/

右でも左でも真ん中でも上でも下でもある私

誰を選んで、誰を好きになって、嫌いになって、応援してみたり、批判してみたりすること。

何もかもが自由ではあると思う。

だけどそういう自分の”感情”と共に、「人間って、そういうものだよねえ」という″理解”が必要だとも思う。

 

『人間って、権力とか影響力を持ったり、そして持ったまま長い時間が経ったりすると、最初は良かったとしても、力があるのが当たり前になってしまって、その立場を失うことが怖くなったり、失わないために隠し事をしたり嘘をついたり、横暴になったり、弱いものに力を振りかざしたりしてしまうものだよねえ。 ものすんごい精神力があれば、そうはならない人もいるかも知れないけど。大多数はそうでも仕方ないよねえ。』 とか、

『人間って、自分の都合の良いように、自分が見たいように世界を見ようとするものだよねえ。弱い私はもちろんそうだけど、強いあなたですら、そうだよねえ』とか、

『人間って、人には言わない欲があるんだろねえ。』とか。

 

そういう、どうしようもなく愚かな、悪くて黒くて弱いところを”理解”した上で、

最近のニュースで、時が流れてどんどん形が変わっていくもの、どうしても古い形で今に合わないから一度壊れないといけないもの などを、見ていると。

そこに携わる人達の悪いものを決してそのままにすることなく、だけど必要以上に責めることもなく、善いものは見逃さず、と、誰かの言動に一喜一憂することなく、自分の中に時代の流れの感覚を、取り入れることができる。

それが出来たら、今まで流れてきた時間を、過ぎ去った時代を、そっと大事にしまっておくことができる。

 

"理解"がないと、ただ自分が好きな者の”悪さ”を認めたくなくて、ただ受け入れられなくて、反対側にいるものを責めたり批判したりするしかなくなる。嫌いな者の”理解はできる”部分を見逃してしまう。

対象の、その場の一つの言動や行動で、判断するしかなくなるので、昨日まで批判してたのに今日は擁護してみたり、自分の態度が二転三転してしまう、一つのニュースにいちいち翻弄されてしまう。

 ましてやテレビやインターネットの膨大な情報の中。

誰が悪くて誰が良いのか、訳が分かんなくなって、訳が分かんなくなってる自分自身を守るしかなくなってきて、攻撃的になったり、決めつけてみたりする。

 

でも、もともと人間ってどんな生き物だっけ、と元をたどって原点に返ってみれば、善悪はっきり分かれることばかりではないと気づく。

自分が直接携わっていることなら白黒はっきりつけなきゃいけないこともあるだろうけど、そうでないなら、まずはなりゆきを見守る。決めつけないでいる強さを持ちたい。

「そのような流れになりましたね」と見守ることに神経を注ぎたい。

 

ただ、長年何かを拗らせた人(思考が偏り過ぎた人)が、長年熟成させたドロドロしたヘドロみたいなものの中にまた多くの人を巻き込んでいるところを見たら、やっぱり私も思う。「どうせ壊れてしまうものに、執着するな。そんな醜いものはぶっ壊しちまえ」。

 

 

ニュースに出てくる人、それを見ている私たちも、その小さな強さ一つ一つを持てたら、と思う。見守ることができる優しさと強さ。本当に悪いことは、断ち切る勇気。

やさしさ強さ・勇気なんてありきたりな言葉だけど、言葉を本気で使うのであれば、ありきたりな言葉にこそ大事なものがこもっている。

 

そしてその私たちのやさしさ強さ勇気が周りまわったら、胸が引き裂かれるような辛い出来事を、二度と産まないことへ、一番効果があると思う。

いつでも焦る気持ちは強い方で、焦ってるのが平常運転みたいなものなんだけど、

時には深呼吸して焦らないのも大事だな、焦ったら余計遠回りなんだから、いったん落ち着くことが逆に物事が早く進むよね。とか大人になったから思える。

それでもやっぱり、焦っている。

何に焦っているのかはわからない。

早く何かができるようにならなければ、という焦燥感もある。

いつか死んでしまうんだから、限りある時間をちゃんと何かをして過ごさなければ、という思いもある。

 

そして何よりも、手遅れになってしまう前に早く、という思いがある。

あの子が死んでしまう前に、あの人に届かずに終わってしまう前に、早く、何かできるような力をつけなければと思う。

それが一体、具体的にどこの誰の事なのか、どこに向いた気持ちなのかはやっぱりわからない。ただなぜなのかそう思う。

 

でも私の焦りはときに暴走して、焦りすぎて頭の中が大混乱を起こして、脳みそはグルグル回転してるのに、いやそれがゆえに実際の行動は何ひとつ起こせていないことがある。外側からみたらむしろ止まってるように、サボってるようにみえることがある。

こんな自分が嫌になったりやっぱり昔はしてたんだけど、今は「ごめん今混乱中、考えてないわけじゃないから(むしろ考えすぎてこうなってるから)」となるべく周囲にちゃんと告げることで、「こいつ止まってるけどやる気ないのか?」などと思われるであろう誤解をされないようにはしてる。でも完璧では全然ない。

どうしてこんなに、何もかも怖いんだろう。せっかちなのに結論を出すのが遅いんだろう。直感で勝負!思いついたらすぐに行動!とかさ、頑張るけどさ、多分向いてはないかも。

 

と思うとやっぱり「急がば周れ、ゆっくりやった方が結果的に近道だったりするんだよ!!」と自分に言いたくなるけれども。でもこの焦りはきっと、前の前のブログで書いた「頑固さ」と同じで、自分のエンジンにもなってるものなんだと思う。

焦ったっていいじゃんと言いながら私は私のスピードを、ほんのちょっと焦るのか、ものすごく焦るのか、調整しながらやっていくよ。

人によって速度というものがあるのなら、「ゆっく~りのんび~り」というリズムは、自分の中には元々なく、くりかえし練習して慣れないとできない。

楽器の練習とかにも似ている。

だから今は得意の焦りを極める。

こういうときは少ししか焦らない、今はこれくらい焦ろう、とかをコントロールできるようになったら、ゆっくり本当の深呼吸もできるだろう。

 

 

 

何一つ、誰にも何一つ文句など言えない。

人に文句なんて言うとしたら、きっとそれは私が悪いのだ。

本当に自分が定まっていれば、人のことなんて気にならないはずだ、自分のことに集中できていないから、人が気になるのだ。と思っている。

それでも、時には文句を言いたくなるようなことも悪くないとも思う。

文句ばかりじゃつまらないけど、いつもニコニコしてるあの子の文句なら、聴いてみたいし。

 

それで私は愚痴のようなものを言う。

何もかも、悪い訳じゃない、ダメなものは一つもない。間違ってるのは私の方かもしれない。でもそれでも、そんなことをやってる場合じゃ、そんなことを歌ってる場合じゃ、そんなことを気にしてる場合じゃないだろう、と思う。

なぜなら今は、緊急事態なんだ。

あの人が死んでしまわないように、あの人が絶望してしまう前に、あの人が狂気に呑まれ後戻りできなくなる前に。

SNSを見ながら、ニュースを見ながら、そんな風に静かに焦っている。

 

 

アルバム発売延期についてのお知らせ | 斉藤めい

 

 

 

GO

あまり長く書かないと忘れ去られてしまうよなぁと思いつつも、

消極的な理由では「これを書いたところで何になるんだろうの無限ループで何も書けなくなる期間に突入してた」、

前向きな意味では「レコーディングという音楽を記録する作業を生まれて初めてとても建設的にできていたから、文章で記録することが一時的に必要なかった」

という訳で久しぶりになってしまいまして。

 

レコーディング、誕生日、少なくなった分より濃密になったライブの時間、嬉しい時間は足跡を大きく残して過ぎてった。

 

レコーディングは頭を使う作業かと思っていたけど、全身を使うものだった。

みんながみんなそうなのかはわからないけど。

そもそもレコーディングをどうやるかっていうのを、やる前は誰も教えてくれなかった。だいたいこんな感じ、こんなやり方がある、というのは聞いていたけど。

なぜなら本当に人それぞれのやり方があるから。これが絶対に正しい!というのがないから。

だからとても不安だったし、そして今楽しいのだと思う。もちろんめちゃくちゃ他の人に助けられている。エンジニアに、ほかのミュージシャンに。その道のプロや、私より遥かに慣れてる誰かがいるから慣れない事もなんとかできてる。私ができないことをどう補ってもらうことも含めての、「私の方法」。

クラウドファンディングを支援してくれた人たちにも、金銭という面で補われている。

 

自分の方法を見つけるというのは幸せなことだ。

だけどマニュアルがないことをやるのは、条件があわさった上で、勇気も少し必要で、感覚を頼りに進むことで、たどりつけたのはただのラッキーとしか言えない。

 

このラッキーを申し訳なく思うのではなくて、ならば全身で味わおうと思う。

一つ一つの音が、少しずつ重なって一音一音、1フレーズ、ひとつのリズムを、とても好きな人たちが鳴らして出して、そして合わさって見たことない景色になっていくのを、その中にいることがとても幸せです。

 

 

さようならするのはかつて会った誰かではない。

気付いたらSNSでフォローが外れていた誰かなどではない。

そこにいた少し前の自分だ。でも寂しいことなど一つもない。

準備はずいぶん前から始まっていたけど、捨てる勇気がなかった。

私でさえそうなんだから、優しいあの人ならもっとそうだっただろう。

 

だけどもう一度言う、寂しいことなど一つもないんだ。

だから行こうぜ、と思う。

どこまでも行こうぜ、と思っている。

 

君にふにゃふにゃ

もう二度と歌えない気がしてたけど声が出た。

自分は死んでしまったのかと、死んでなくても随分長い時間深い水の底みたいなとこにいたなと思っていたけど、まだ二週間、いや一週間くらいしか経ってなかった。

やっぱりとてもせっかちみたい。

 

 

何度同じことを繰り返してもできないことができなくて、

「できない自分はダメなんじゃないか」「自分に甘いんじゃないか」と考えていたけど、

それでも出来ないなら、もう「やらない」と決める。

やらない。

逃げてるとか、甘えてるとか、精神論に置き換えてしまいたくない。ただ、効率が悪いから、やらない。

「超苦しいけど、今後の為になるかもしれないから・・・」みたいなことをやって、結局二週間くらい精神的にひきこもって何もできなくなるより、その二週間で苦がなくできることをやった方が効率いいでしょう、というシンプルな話し。

 

 

私は時々、「あなたは頑固で頭が固い」と言われることがある。

そうそう~昔からそうなのよ~と思う気持ちもあるし、でも、場面によっては誰よりもフニャフニャだしテキトーなんだけどな?という気持ちもある。

でも、もし本当に私の頭が実際に石みたいに固いとして、それがなんだっていうんだと思う。

もし、この固い頭を私以外の全人類の平均値くらいにまで柔らかくしたら、今より幸せになれることがたくさん待ってるのか、と考えたときに、特にそうでもないんじゃないかと思う。

だって頑固さは、強固に「絶対に曲げねー」と思ってる、自分の最も強い部分と繋がってる。その部分から生み出した歌もあった。強い部分があったから、死なないでいられた。許せた誰かがいた。

 

勿論、「こういうときはもっと柔軟に考えた方が楽になるかも」とか、ある一部分について変化するのはいいと思う。

でも、頑固なことはマイナスで、みんなと同じくらいまで柔らかくならないといろいろ上手くいかないんじゃないの?と、謎に強制してくる世間、いや、世間に影響された自分の声になど、「だからどうしたんですか」と返せばいい。

そこまでの強烈な自分の個性は、今まで自分や、少しの誰かを、確かに助けてきた部分のはずだ。これからより使いこなせるようになってきて、もっともっと強くてしなやかな、自分を形成する大事な部分になる予定で、誰かを守るものにもなりうるかも知れないのに、今周りに合わせて平均化する必要はないんじゃないかと思う。

そもそも、直せるものじゃない。

 

でも頑固すぎたら弱みにもなるかもしれないって?

 

いや本当に大事なのは、頑固なのか柔軟なのかとかじゃなくて、『判断力』なのだと思う。

「意志を絶対に曲げない方がいい」ときと、「柔軟に意見を取り入れた方がいい」とき。

一体どっちが正しいの?とか思うけど、どっちも正しいし、状況によって変わるし、人によっても変わる。ただそれだけのこと。本当に必要なのは『今の自分と今の状況では、どっちがより良い結果になるか』を的確に選ぶことが出来る、判断力だけなんだよな。

どちらかの言葉が正しいって訳ではない。「絶対に曲げない方がいい部分」のたった1センチ隣は、「変えた方がいい部分」かも知れない。

 

あとは、流行の風潮があるだけ。

 

例えを変えると、「とにかく自分の力以上にがむしゃらに頑張った方がいい」って言葉と、「自分のペースで自分を大事にした方がいい」って言葉があって、一体どっちが正しいの?とか思うけど、どっちも正しいし状況によって変わるし人によっても変わる以下同文!

 

それで今は、やっぱり頑張りすぎちゃって疲れてる人が多いから、「自分を大事にした方がいい」って言ってあげた方がいいという風向きが強いと思う。

「がむしゃらに頑張った方がいい」が、間違ってる訳では決してないし、ある特定の個人に向けてだったら励ましになるけど、世界に向けて「がむしゃらに頑張れ!」って叫ばれたら辛い人の方が多いのかも知れない。

『今はどっちなのか』を判断するということ。

 

そう。判断。判断をするだけなのだ。

 

だから私の『性質』まで変えてしまおうとしないで、その性質を持ったままで、その場そのときで自分が納得できる、良い判断ができたらいい。

「頑固ですね(あなたのそういうところがダメなのよね~的な)」という言葉は、正しいかも知れないけど、表面をなぞっているただの感想だ。

 

確かに頑固かも。でも誰より柔らかいところもあるよ。

そんな風に自分だけがわかっていることを、決して一つの言葉だけで決めつけてしまわないで、いろんな面から見つめて、最後には決めつけの言葉から手放して

うん

そうだね

これが私だわ

みたいに、断片的な感覚だけに戻してみるという作業をしてみてはいかがでしょうと自分に語りかけてみた。

 

 

 

 またすっごい感覚的なブログを書いてしまった。

 

 

YES

人間が好きだから歌を歌っている。

そう言った自分に、ものすごい速さで返答をする「本当か?本当に人間が好きか?じゃあ人間の、汚い部分、弱い部分、おそろしい部分、ダメダメな部分、狂気、残酷、嫉妬、虚栄心、哀しみ絶望、それをすべて見てもすべて承知の上で、それでも好きと言うんだな?本当に本当なんだな????」もう一方の自分。

外側にいる他の誰かなんかよりも、速く反応してきて、そしてしつこく執拗に疑ってくる。

 

揺るぎそうになる。だって確かに、あのときあの人の言葉にあんなに傷つけられたし、弱さにつけこまれ騙され、奪われ、無視された。

今だって、翻弄され、なぜ私だけを責めるのだと悲しくなり、なんて面倒くさいのだと、思ったりする。

 

それでも絞り出した声で「はい」と答える。

迷いながら疑いながら、ただ声だけは不自然な程強く。

根拠などはない。今までのすべてを清算できる理由などはない。

ただYESに舵を切り、それから後のことは出くわした時に考えよう、方向を定めたあとに、何かあったらまたそのときに考えよう、みつけていこうと思っただけのこと。

それだけのこと。

 

 

 

 

 

 

ざれごと

あの子に「大丈夫だよ」って言う為だけに、そしてその言葉に説得力を持たせるためだけに、歌って、動いてるのに、いつのまにか必死な毎日でそれを忘れていた。

でも忘れたってまた思い出したらいいんだ。何度でも何度でも、忘れて思い出せばいいんだ。それ自体が生きていることの波で、それが私の歌だ。

自分のことを不器用だと思う。

いや、器用なところも多分あるんだけど、「得意、できること」と「苦手、できないこと」の差が大きいほど、不器用さ≒生きづらさに繋がるという話を精神科医に聞いたことがあって、差が大きいという意味では不器用だと思う。

誰しもが得意・苦手があると思うけど、苦手なことがたまたま、今の社会とか生きてる環境であんまり必要ないことだったりすると、辛さはあまり感じないかも知れないし、その逆もあるかも知れない。

そうして考えると私は今の世界ではやっぱり「生きづらいな」と感じてしまう。そして、同じような人が結構いるんじゃないかと思ってもいる。

 

ただ世界は変わっていくし、事件とか災害とか発明とかあったらかなり変わるし、なかったとしても少しずつ変化してるし、同じ世界の中でも、たとえば会社と家庭とバンドは違うだろうし。

この世界は生きづらいなとは思いながらも、一緒に生きていきたいと思える人たちがいるので、絶望はしていない、むしろこの人たちとこの先を少しでも変えていけるのかということが、正直に言うと楽しみでもある。だから希望の歌をうたう。

この人たちというのはある限定された人たちというよりも、たとえばこれを読んでる誰かも含まれた人たちのことだと思ってる。私の中では勝手に。

 

変えていくのは、

「社会」なのか「家族との関係性」なのか、

「分かりあうのを諦めてたあの人と、心をブチ開けて話してみる」ことなのか、つまり誰かとの関係か。

いややっぱり、いったん他人のことはすべてとっぱらって、シンプルになって自分で自分を掘り起こしてくることなのか。

(そのときは見たことのない新しい自分でもあるのだけど、自信を持つとか自分を好きになるとか、そういうことより更に前の段階の、ただ嬉しい楽しい悲しい寂しい苦しいと感じてる状態に還ってるのだと思う)

 

変えるということは、「今より親密になる」ことを目指すのももちろんだし、近寄ると苦しいものであれば「今よりも距離を置く」ということも当然選択肢がある。

むしろ逃げること、辞めること、止めること、離れることで、いい変化が訪れることもあるよ、と大きめな声で言った方がいいかもしれないと思う。逃げるのは悪いこと、ってイメージがまだ強い今は。

 

そうしていって、人や社会や物事と、適切な関係性、適切な距離感をもって、

「この人とは分かりあえるかもしれないから頑張ろう」「この人とは分かりあえないからお互い別の道をいくのが最善」とかってお互いの傷が浅いうちに間違いのない適切な判断をし、

できることはできる、できないことはできないから誰かを頼るか、諦めるか、早めの判断をし、

「これは重要だ」「これは重要じゃない」とかも自分でわかるようになって、

いい感じにバランスよくすべてが進んでいく‥‥‥

 

なんて、そんなことができたらスゴイよねって話で、

自分が不器用だという話に戻すと、現時点では不器用な自分にはそんなスムーズに生きるなんてことは、まっったくできない。いや少しずつは出来るようにはなってきたけども、まだまだ全然。判断に時間がかかるし、迷いもする。

すっぱり「これはやる!」「これは嫌!」と言えるようにもなってきたけど、でもまだまだ「ああなんで私はあの判断をしたんだ……」と思うこともあるし…。

 

でも、なかなか判断が出来ないこと、迷うということは、自分にも他人にも何も諦めていなく、何にも決めつけていないからだとも思う。

いろんな可能性を思っているから、時間や労力を使うから、慣れるまで時間がかかるし、疲れるだけなんだよ。

不器用だろうとなんだろうと、判断がついた時点、わかった時点、気づいた時点、納得できた時点で、思ったようにすればいい。何十年かかってもいい。

でも不器用だからって決めつけてカテゴライズして、いつも悩んでなきゃいけない訳じゃなくて、ふとしたきっかけで一瞬で気づいてもしまってもいい。

知ることがひとつ増えれば出来ることがひとつ増えていくから、経験を重ねることはできるし、1回目よりも2回目が、2回目よりも3回目が、最新が最善になる。

それが不器用の良いところだと思う。

 

ときに器用な人に助けられながら、ときに不器用同士で話し合いながら。

ときどき、器用な人を助けながら。

そんなことを言ってると器用とか不器用とかただの言葉だな、結局はすべての人間の中に両方あるんだな、とか思えてきてしまって、器用は不器用で、不器用は器用で、あなたは私で、私もあなたで、光は闇で闇は光で……と言語化できないところに突入してきてしまうので、この先は音楽で。ということになる。

そしてこのブログを書き始めた時点で思ってたことの数百倍前向きな文章を書いているので自分でも驚いている。

不器用、不器用って一見ネガティブな言葉をたくさん使ってるのに、その不器用さに希望しか見いだせない、今は。

それは自分のこともそうだし、自分の周りの不器用な人たちもそうだし、多分あなたの中にある、不器用な部分に対してもそうです。

寝よう。

 

いろんな考えの末にコメント欄を閉鎖しました。

今までコメントしてくださった方々、嬉しかったです。本当にありがとうございました。

分かりあいたい

誤解されようと、どう思われようと、

私は私でしかないよ。

最初から最後まで、私でしかない。

 

何も変わってなどいないよ。

音楽をやる前も、今も。

いや生まれたときから。産まれる前から。多分これから先も。

本当に何ひとつ変わらないんだよ。

 

全部わかってくれとは言わないし私も分からないかも知れないけど

少し分かりあいたいからさ、

逃げ出したいほど、

内臓が出てきそうになるほど、

怖いことを、

あなたに向き合うという事を、

今この時間だけさせてくれ。

 

私は言いたいことをあなた達に全て言ったらさ、

涙も何かも、中にあるものが出てきてしまってとても疲れるんだけど、

それでも、一番奥の奥の大事な内緒の部分のほかは、

全部出しちゃったほうが気持ちいいからさ、

ぐちゃぐちゃになっても、なんでもいいから言うことにした。

 

ただ夜はちゃんと暖かい布団に入ることだけは絶対条件で、ゆっくり眠るからさ。

 

そしたら新しい朝が始まると思ってるよ。